豊かな絵を楽しんで

c0326156_06211778.jpg
アートセラピーの風景画さん、風景の似顔絵と言っていた絵たちは
占いではなく、ただ絵本の物語のように生まれる絵画たち。
それらはいつでもポジティブな世界観しか汲みださない絵です。

それらが生まれた背景に
あらゆる思うことは自分の中に答えがあるという真実の、底力があります。

だから人にぶつける怒りなんかの問題はとても大きく、
そういった心配が絵を生むきっかけになり。。
だって戦争がなくならなくて、虐待もいじめも自殺も殺人もなくならない。

さあ、いいかげんその発端を消そうよって、思ったの。

「人に何かされたんだから怒っていい」「相手が悪いから言っていい」なんてのは、無いの。
もちろん同じように人に何かされたから傷付くのではない、のだけれど
攻撃をね、実際にされることと、されたと思い込むことは大きく違うし
暴力が実際に与えられることと、与えられたと思い込むことも大きく違うから

まずは、差し出す方を止められる技術を養って
次に貰った時、感じた時にすぐに解消できる技術を養う順番を、踏んでいい。

最終的にはどちらもできるようになること。
それこそがとても大切な到達点で

ここに書いてる理由でもあるし
アートセラピーの要でもあります。

多くの人が、その2つの技術を手に入れられたら、きっと楽になるし
安心が波紋のように周りにまで広がる。

不安の種からだって、安心をちゃんと咲かすこと。を見届けたいし
育てるお手伝いをしていたいです^^

アートセラピーの風景画さん、風景の似顔絵と言っていた
ただ絵本の物語のように生まれる絵画たちは

機能不全家族にはじまって、あらゆる景色の色合いを知ってるからこそ、
そうではないもの、解消できた世界を、贈ることができるのだと思います。

知っている景色には、
子どもの病気や虐待などのこと、パワハラやモラハラ、セクハラなどのハラスメント
自己愛性などのパーソナリティ障がいから派生する問題や、心理的脅迫、投影などの心理的な問題
アダルトチルドレンやインナーチャイルドの声、引き寄せの法則などの持つ明確な色などまで
さまざまな色をストックできていて。
もちろん快復や希望、恋愛成就の景色、ご縁、運命の出会いの色合いなどまで入っているけれど
素敵なことだけでなく、ネガティブな色合いも知っているからこそ、
見たくない色は汲まないことができるし
本当に住みたい世界観の持つ色だけで
世界を構成させることができるのだと思います。

世界は自分の思うことだけで構成できる。
それなら希望ある明るい景色を見て広げていられた方が、ずっといい。

それを展開する色数はいっぱいストックできてます*ふふふ

豊かな絵を楽しんでほしいな。











[PR]
by arica_11 | 2016-07-05 06:16 | 風景似顔絵 | Comments(0)

Gallery & Art therapy room atelier yufu taratineにて、風景画と人物画で表現するアートセラピー活動も行っています* http://nemotyucac.exblog.jp


by arica_11