優しくて穏やかな気配だけでいいんだよ

キャンペーンへも、お声かけくださってありがとうございます*
すでに承ることできず、別の日とさせていただき。。
3月11日で、はじめの一ヶ月を終えるのも、襟を正す気持ち。
祈りを込めながら、まだまだ一回一回真剣勝負でちょっとオーバーヒートになりながら
みなさまがお持ちの光を可視化するお手伝い、継続中です。

まだ一ヶ月過ぎていないけれど、多くの絵を描かせていただき。。
そしてリピートしてくださる方ばかりでありがたく
最近は、はじめましてのお客さまも描かせていただきました。

優しく荘厳な世界の可視化は、助けになると思います。

絵のひとに、すごくありがたい技術をくれたなって思うよ。。

絵、アートセラピーとしてるけど
セラピーなのかな?リーディングというのかな?
うまい言葉が見つかりません。
絵はただ相手の方を現すものなので
できあがった絵の雰囲気にも違いがあったりします。
でもただ、その絵はその時の景色で
イラストレーションのお仕事の絵のように、その方の発展と見守りを導いてゆきます。
人はきっと一瞬でどんどん変化していってるから
きっと一瞬先は何が見えるかわからない。
実際描く前に、良い景色に持っていってから始めたり(壁をばんばん突破されてゆく方もいます)
描いてる間にどんどん変化したりもして。

だから、写真を撮るように、ときどき背景をご覧いただけたら嬉しいのです。

わたしは何もしないし、できない、だけど
その方を見守る絵だけは、ものすごくその人を支えてるんだ。
___________________________________________

その支えとは。

電波に乗ること多いかも!ってさいきん思います。

奇跡も電波で教えてもらったし。。
わたしは今は、相変わらず「わたしを離さないで」です^^

先週の8話では、美和の行き着く場所が描かれて。
ネタバレだからお気をつけてですが
美和は最期を覚悟したとき
それまで恭子の幸せをわざと奪ってきたことを、言葉にしてました。
「わざとやったの。あなたたちの幸せを全部奪った」って言葉にできていた。
恭子が羨ましくて意地悪して、恭子になりたかったって言葉にしていた。
そういった美和の告白や謝罪が、想像の中で代償となって
すこし救われたかな。
現実にはそういったことはなかなかなく。。
謝罪だって自分のためだったり相手の気を向かせるためだったりして
本当に相手のことを思って相手の幸せを願って差し出される行動って
なかなか目にできなかったかな。
自分が見られないことだけでなくて、恭子のようなことになっていたのも
目の当たりにさせてもらった機会な気がします。
(当然なにも持っておらず、相手の方がずっと豊かなのに)

だから自分自身が逆を体現したいんだと思います。奪うんじゃなく与えられる方に。開拓するんだって。

今は人にも絵にも無償の愛を貰ってることがわかるけれど
それは確かに知ってる世界から一歩、踏み出したからなのかもと思います。

知ってる世界にはいつでも、いじわるやねたみが身を潜めていたもの。
だけど鏡であるならそれは
それらを仕方ないとか、どこか受け入れていたからなのだと。
今はいじわるやねたみも、罪悪感も怒りも悲しみも不満も、痛みも
とても不必要なものだってつくづく思います。
わたし自身はなかなか切り離し下手だけど、絵の方でそれらが入ってこないことが
わたしが一番助けられてる点かもしれないです!

あたたかさや支え、見守り、発展、優しさ穏やかさ、わくわく、気楽さ。
そういったものだけでいいし、
どんどん楽していいんだよね。
その楽の方を感じるための、一歩や、頑張りがあるだけなんだと思います。

絵のひらく道はそこへ導くものです*
優しいよ*




[PR]
by arica_11 | 2016-03-08 02:35 | nekkonoarika | Comments(0)

Gallery & Art therapy room atelier yufu taratineにて、風景画と人物画で表現するアートセラピー活動も行っています* http://nemotyucac.exblog.jp


by arica_11