絵を描き終えたあとに

風景画で人を描きますよ
って最初は遊びで始めたのに、描き始めたらすごく風景が見えておどろいた、一枚目のとき。
あれ?こんなはずじゃなかったのにって思うくらい、絵が何を浮かび上がらせようと表現してくるので
こうゆう絵ですってお伝えすることになって。
その絵が、必ず目の前の、描かせていただいた方の「ほっ」とした表情を
最後に現してくれるので
わたしは今、小さな制作室を設けている。

あ、リーディングなどをお仕事にしてる方からの感想は
正確ですねとの言葉であったけれど
絵だから。正しい間違ってるものでもなく、そのままその方だけの、一点ものの絵になるだけのことを
大事に思っている。
絵の色や風景が、その方を守るものであるだけになること。
人がほっと安心できることを、一番大切なことに思う、そんな制作であること。

絵の中でよく出てくる表現は、その思いは子どもの頃のものだよって
呼びかけ。
今の大きな身体のあなたは、そのことをたいしたことに思ってないはずだよって
動じない身体と、動じてる頃の記憶を、分離させてくれる、絵の時間になること。
大きな身体の経験や知識は、小さな頃をちゃんとカバーしてることが多い。
それなのに記憶の中は原点がとても色濃く
すごく身体と心って違うみたい。

原点はみんな綺麗な顔。
素直であたたかく無邪気でかわいい。
その原点の顔に、絵を描き終えたあと、
皆さん、なっている^^
そのことがとても嬉しいことだから。








[PR]
by arica_11 | 2015-10-05 15:53 | 風景似顔絵 | Comments(0)

Gallery & Art therapy room atelier yufu taratineにて、風景画と人物画で表現するアートセラピー活動も行っています* http://nemotyucac.exblog.jp


by arica_11