思慮深くなるために

人と比べてとか常識的なことが、できない とか 感覚が違う ときに
それらは人が、人を使って楽になろとするときの、材料になる。
そんな風に、感覚の合わない人を排除しながら人類って、やってきたのだものね。
魔女狩りの感覚は、なかなか消えないんだろうな。

だけど止めないとね。

魔女狩りをしてしまう思いの背景は、書物となって、情報となってるし
学ぶことができる今がある。

背景を知ることでまた、思いやりや優しさを、深められる。

強さや意見も生み出せる。

発端の材料を持ってしまってると、持ってない人と比べては、苦労が多いと思う。
持ってない人は知ることのない意見や態度を余分にもらってしまう。
差別や憐れみ、中傷などの言葉や態度の暴力。

それらのある世界こそ
糾弾される材料を持ってない人、なんでも手に入れられて常識的に生きてる人の
知らない世界。
材料のある人が、いただいた、世界とも言える。
選ばれた人だけが経験する、特別な世界とも言える。
暴力をいただくなんて?だけれども

みんな誰もが、経験をもらってるという共通。
必ず手にしてるものがあるという事実。

良いと見えるもの、わるく見えるもの
それはイメージなだけであって、
そこで得られる感覚や思慮は、自分でどんな風にでも、広げられる!
動かせる。

良い経験だけが、良い感覚を生み出すわけではないし
わるい経験と言えるものが、とても心を豊かにしてくれる というのも
今はみな、知っていることなんじゃないかな。

いいでしょう?とにやにやして自慢したり
最悪だー!と怒って嘆いたり
という反応を選ばないよう心を守れたり人を大事にできたり

思慮を深めるために、わたしたちは生きてるんだろうとなんだか思う今日この頃。
















[PR]
by arica_11 | 2015-07-14 08:23 | nekkonoarika | Comments(0)

Gallery & Art therapy room atelier yufu taratineにて、風景画と人物画で表現するアートセラピー活動も行っています* http://nemotyucac.exblog.jp


by arica_11