人は空想の方を大事にしたいわけではないと思う。

友達のクリエイターさんも、
利他からやってきて、利己であるのを知っておしまいになる 
ことはとてもよくあると言っていた。

「だけど目標があるからそのことで時間を割いてる場合じゃないから考えない
それでも簡単に日常には戻れないが、努力するしかない
あなたがいちいち反応するのは悪いところであり、良いとこでもある、
目指す所が違うのだから」

わたしはよくあることとできればしたくない。
わたしの目指す世界はただ一人では築けないくせにただ一人の分だけは構築したい。

みんな不完全で悩みがあって、つらいから弱い者をいじめてしまう。
いっとき楽になって、笑ったりほっとしたりして安心する。
みんな幸せになりたい。

家庭で、病気になった子どもに、罰が当たった、金食い虫という大人
会社で、同僚を気に入らないからと辞めさせるためにいじめる上司
学校にある、PTA会長を親に持つ子へのひいき、転校生に授業も受験も協力しない教師
親しいからこそ、妬んで相手の幸せを壊してしまうひとたち
結婚したり子どもを産むことが、人に勝つための武器になったり
有名になって忙しくなることが、癒しや安定剤の役目になること。

みんな今、安心したいだけ。
不安を取り除きたいだけ。
守られたいだけ。

不安は、目の前の近しい人がもたらしてるんだと思い込めたら。確かに
せいにすることは正当化できる。
それはでも、空想の世界。
ふしぎでしかないのに、これが人間の世界なんだからって気に留めない。

人間はこんな空想の方を大事にしたいわけではないと思う。

本当にある、不安や、安定を望む気持ちを、
もっと救いたいんじゃないかと思う。

投影とかいじめとか、そんな遠回りなやり方じゃなく

どうしたらダイレクトに簡単に、その不安や不安定を、取り除けるの。









[PR]
by arica_11 | 2015-06-17 00:50 | nekkonoarika | Comments(0)

Gallery & Art therapy room atelier yufu taratineにて、風景画と人物画で表現するアートセラピー活動も行っています* http://nemotyucac.exblog.jp


by arica_11