バリアフリーについて。

c0326156_16333661.jpg
昨日のバリアフリーの講演会追記。

バリアフリーという概念が、あまりないことに気付く。それはね、
当たり前のことだからかも。
たしかにチュプキさんは段がなかったり車いすスペースがあったり、音声ガイドがあったりするし
ロビーの絵も、視覚に障がいのある方も触って楽しめたり、弱視の方にも分かりやすい色になっていたりする。
でも何か、自然に、当たり前にそうなって
その時に使った気持ちは思い遣りや、自然に湧き出る心で考えただけのことだった。
特にバリアフリーにしようというよりも、当たり前のことだよねと、創られていってるの。

昨日は心を大事に見ている というようなお話になってしまったけれど
他の人の心に共感するものを感じれば、繋がるし、手助けになるからボランティアばかりでなくお仕事をいただいたりするし
自分もみんなの役に立つよう思い遣りを持った心でいられたら、他の同じ思いを持った方とも繋がれるし、時にお仕事をお願いしたり、時にボランティアを率先できたりもする。
そこにはどっちじゃなきゃいけないなんて制限はない。基準は人の役に立つ方、みんなが苦しまない方はどっちか考える気持ちだけ。
それはただ、当たり前の気遣いなだけ。。

そんな風に、制限のない心が、バリアフリーになってゆくだけなんだろうし
また、同じ気持ちの循環を呼ぶのだと思う。

こうじゃないとだめとか、思い通りになれって言う人が離れていなくなっちゃうのは
制限をかける考えだからだと思う。
ボランティアじゃないとだめとか犠牲なるのが当たり前とか親しいからボランティアでやるのが当然でしょなど
初めから制限をかけることは
本当のボランティア心じゃないし、バリアフリーでもない。
その人だけの枠にはめようとする、バリアばかりの世界に入れようとすることであり
だからこそ入らなくて全然良いのが、制限ある世界の方だと思う。
どんな思いの背景にも、人に対する気遣いこそ、大切なのじゃないかな。

枠がなく、みんなが同じ立場で繋がって、誰かが困ってたらすぐ別の誰かが助けたりがただ当たり前の世界が
ここにあって
それにバリアフリーという施設や心持ちが整ってるだけということ。
でもそっちの方が心地よく、ずっとこうでありたいなと思う世界だったりする。

本当に自分だけのバリアを創らないだけで、同じ気持ちの人達と繋がれる!

だから制限のない心はどんなものなのか、ちょっと見つめてみてほしいです。

大人達が体現した、好きなことを仕事にする居心地のよい世界が、制限のない心で創られたこと、
忘れないでいてね。








[PR]
# by arica_11 | 2017-11-12 16:36 | Comments(0)

大きな種をつくる今

c0326156_03042062.jpg
本日は荒川区の中学校で講演会でした。
上手く話せず反省反省ですが、今年は十代の方達に会ってゆきたいと思った瞬間から、めちゃくちゃ会わせていただくように変わったので
感謝ばかりの大切な機会となりました。。(リバーフェニックスの誕生日の決意のやつ!しっかり今日、地上波でリバーに会えた〜すごーい^○^)
バリアフリーに関することで先生からお話をいただいたので
ご縁あるシネマ チュプキ タバタの代表平塚さん、スタッフシン君に、専門のバリアフリーやユニバーサルについてメインに話していただく場を提案し、
そこにわたしも壁画やイラストレーションで関わったということで、ご一緒させていただきました。。
平塚さんのお話は圧巻でした。
なぜ映画館を造ろうと思ったのか、バリアフリー上映をなぜ始めたのか
映画が好きになったきっかけ…
ご自分の夢やきっかけが、多くの同じ思いを持つ方達にも共感して貰えて、その素晴らしい思いにみんなが感動して
だからこそ多くの支援をしてもらって
映画館という大きなプロジェクトさえ、人の助けと共感とワクワクと感動によって、
叶えることができてしまった彼女。

本当に凄いことだけど、自然で、当たり前のような出来事に思えるくらい
その活動は大きな、みんなにとっても大切なものなんだと思います。

視覚に障がいのある方のための音声ガイド作り、聴覚に障がいのある方のための字幕スーパー
全て自分たちで作っていて、その作業量は膨大です。
それらを本当に楽しんで、でもかなりの労力をかけて作られているチュプキさん。

その労力の量をみんなが理解しているからこそ、みんなが支援しようとしてくれている循環。

そのような優しく、力強い場所に関われるのは、自分にとっても誇りです。

わたしは彼らの活動に感動してご一緒させてもらってるけれど
そこにはもちろんお仕事であるという自覚や線引きもあります。
チュプキさんが支援されるように、彼らもきちんと、命があり場を守るほどの力を発揮する、「アート」へも
支援しようとされる思いがあり
わたしへの支援もどんなに近くとも、入れようとしてくださいます。
そのきちんとした思いには、常に力をいただいて。。

そうやってお互い、大切にし合い、また助け合いながら
支援のやり取りを、続けている今。

それは今回講演を依頼してくれた先生や、学校からも
同じように感じさせていただきました^^

みんなの思いに共感するから、そして手助けしたくてみんなで笑って楽しみたいから
みんなで助け合って、それが循環してゆく環境。。

以前それがうまく作れなかったのは、犠牲になっても人の安心や欲求や喜びを優先しようと、不安定や怒りや悲しみを鎮めようと
考えてしまった自分の思考の誤りのせい。
でも意識は、ただそれは本当の思いなだけだと言ってることにも、今は気付きます。

ただしたいことなだけ…。
そして今の周りのみんなも同じ意識で。
当たり前に人を助け、辛さを鎮めようとしていて
でもそれを利用する人だけが、ほぼいないのだと思います。
人を苦しめても平気な人は全然いない!

もし誰かが犠牲になりそうになったら、誰かが救い出し声をかけ
怒る人から遠ざけ
自分たちの好きな雰囲気や環境をみんなが守ろうとしてる。

その共通認識やタッグは本当に強い!

ネガティブな言動を使って人を苦しめるのをわかってる人や、自分だけは得しようと考える人など
そんなこと考える人は環境からいなくなってるところもわたしたちの強さであり、喜びでもあります。
でも、そういったネガティブな事象にさえ、思慮と愛情で、責めたり排除するんでなく、やっぱり手をつなごうとしてるのが、みんなでもあり。。

本当にかっこよすぎ!

よく事象は自分の鏡と言うじゃない?
でも、辛い人を助けたい思いや、なんとかしようと願う気持ちは
引き寄せでも、承認欲求でも、横柄さでもなんでもないよ、と、わたしは今は認識しています。
ただ、有るだけの感情。
それしかできない体の動き。
反射みたいなもんです。

その反射である、果てしない無意識の優しさと深さと強さを、
共通する思いを持つみんなで、もっともっと意識に広げて
大きく固められたらと思います。

大きな種に。
地球に生える大きな芽、そして花になるように*











[PR]
# by arica_11 | 2017-11-11 11:11 | nekkonoarika | Comments(0)

Gallery & Art therapy room atelier yufu taratineにて、風景画と人物画で表現するアートセラピー活動も行っています* http://nemotyucac.exblog.jp


by arica_11
プロフィールを見る
画像一覧