根っこをしっかりはって

c0326156_05524710.jpg
熱があり、書く期間となったここ数日。

今の環境は過去とは違って、誇りにさえ思うほど
素敵な方ばかりがいらっしゃり
ありがたく感じる。
人のことを平等に、大切にされている方たちがそばにいる。
どんな人へも思い遣りを持つ、あたたかい人たちが
周りにいてくれている。

いつも書いてるけど
経験は、このことで動じるの?まだ怖いの?という問いかけでやってくる。
このことが怖いのはどうして?って。

まだまだ外に向かったときなどに問いかけがあるけれど
身近ではそんな問いかけは一切なくなってしまった。
範囲に入れなくて済むようになったのかなと思う。
そして範囲外に行く必要あるのという問いかけでもある。

ずっと怖かったり変な連絡が届いてしまったり気にかかってたりすること、は、
揺れる感覚を、「それはいらないものだから」と
ただただ教えるためだった。
揺れるのは、許可してるからであり
人々と自分のお母さんへの想いを変な形で受け止めていたからだったと思う。
ただ、人が大切だった。
だから訴えを聞いて、揺れたのだ。
全く知らない人から変な連絡なんかが来てもへーすごーいと思うくらいで
相手の問題でしかないことをすぐに線引きできるのに。

人への思い入れの違いなどで
反応が変わってくるのもわかって面白く
知らない人だって、知らない人に助けを求めることもあるほど
どこか人同士は依存し合って、助けを求め合ってると気付けた。

近しい人は本当は、親しんでいたかったし、大切に思っていたかった。
そういった執着が逆に相手の執着を呼んでしまったと思う。
親しみも欲求も、同じように求めている。
それは自分の此所を信じていないからだ。

暴力的なやり方は、体に反応が出るように、拒絶しかできない。
若い頃はそういった力を見てむしろ、助けようと動いたり、大切にされようと考えたりして
それこそ、ずっと幼い頃からやってきたこと過ぎて
今も苦手なやりとりではある。

それでも、
何がやってきても最終的にはすぐに基に戻り
揺れない気持ちは確かに芽生えているし
もうすべてが安心しかない信頼が、此所にはある。

何か今は、そんな強めの根っこがしっかり這っているイメージを
感じられるようになっている。

そんな力強く這う根っこを育てる力があるならば、
これから分けてゆきたいと思う。
表現は下手だし見えにくいけれど、確かにあり、わたしが確かに助けられているものを
分ける。
それがしたいこととなっている。





[PR]
# by arica_11 | 2017-09-18 05:55 | Comments(0)

おとなの器を用意する

c0326156_06454332.jpg

エピソード、いつか作品になればいいなあ。

子どもの頃でも、15年くらい前の出来事でも、脳の傷の記憶は多分離れない。
だから、忘れなよとか、人のせいにするなとかそういったもんでもないのは、今はよくわかるの。
ただ、今同時に保有してるからこそ
反応したら、元に戻るよう、立ち止まる。
素の方へ。
きっかけがあると、記憶の跡を辿るようなときがあるから。
例えば今回は絵本作家さん2人のトークショーの記事が目に入ったからだった。
多くの作家さんの声で「なぜこの絵本展のイベントで、お金のことばかり話して子どもへの想いを話さないんだろう」と言っているのを
聞いたからだった、こっちに多くの作家さんの意見と同じ気持ちがあるから同調しちゃった。

お金を出す人へ向かった表現なら、けっこう本物でなくてもばれないことが多いのが現代に思う。
常々襟を正していないとね…
不粋な人を、多くの人は粋と言っている。
嫌がらせなんてめちゃくちゃかっこわるい表現なのに
彼らはかっこいいまま素敵なイメージのままで
こう書いてしまう方のほうが、かっこわるく映ると思う。
それでも、ここに書くことは作品として、同じ思いをした方への救いになってほしいからかな。
かっこわるくても、やっぱり同じ経験はしないでほしいから表現してゆく。
どんなに小さな声でも気付いていっていい。
素敵で人気で売れっ子であるはずの人達の、暴力的な表現の存在に。
それを粋というんじゃないから。それが成功というもんだ、なんてないから。
もうほんとに嫉妬とか言ってる場合じゃないよ。
守りたいのは、こども心だ。
こども心の傷に知らぬ間に上乗せするような新たな傷も
こども心から人を傷付けてほっとするのも
もう止めてみたい。
ミサイルなんかのことも含め、こども心が大きな体に入って統制とれないことはある。
誰しも心にこども心が在るならば
おとなの器がなんとか受け止め、整えたい。

今はきっとおとなの器を自分のもとへ配置して、テーブルマナーを守るときなんだろうな。











[PR]
# by arica_11 | 2017-09-17 06:45 | Comments(0)

Gallery & Art therapy room atelier yufu taratineにて、風景画と人物画で表現するアートセラピー活動も行っています* http://nemotyucac.exblog.jp


by arica_11
プロフィールを見る
画像一覧