永い季節がおわった。

c0326156_02200980.jpg
8月1日。ほんとにびっくりした。
ここにもずっと気をつけようと書いてきた、ある思想に対して、
想像以上の多くの人たちが別の場所で同じく注意を喚起し
厚生労働省まで「ちょっと待て」を出し、
思想がネットから消えたの。
びっくりしたし、すごく力が抜けた。
そしてやっと、きちんと大きなところから、助けられた気がしたかな。。
なんて、天は見てくれているんだろう。

その思想の、「あなたのここが間違ってる、わたしの言う通りにしないと大変なことになるよ」のおどし言葉の正当化と
痛みを与えるのを、あなたのためと正当化する方法は
法律違反さえ含み、みんなが
どこかおかしい」と、つっこんだ。すごい人の数だ。

それは
人にとって正当なことや必要なことさえも、
思想の主観によってダメ出されて
さらに痛みを伴う方法を強要して、利を得ていたことが露呈したから
起きたことだった。
利は少ないんじゃない、人の痛みを選んで、人の大事な心を否定するのを正当化できたら
その支配欲の充足はきっと、ものすごかっただろう。

つっこまれて批判されても、その思想は決して自己否定も罪悪感も持たないだろうし
むしろ批判する方がわかってないと怒っているだろう。
思想に誤りはないと、これからもずっと発信し続けると思う。

だけどみんながおかしいと思った気持ちは、感覚だし
感覚が拡散されて大きく広がった。
いくら正しいと言っても、その方法が痛みを伴う主観で、人をダメ出しし続ける限り
きっと人々のおかしいと思う感覚は薄れない。

こんなに、多くの人が同じ感覚を持っていてくれた!

初めて、その思想に止められた自分の結婚パーティや、正当なお代をもらうことを批判されたことに対して
泣ける気持ちだった(泣いてはいないけど)。

ううん、本当はすごくすごく悲しかったよ。

もちろん失ったのは自分の力のなさのせいだったし
今はその無知を補う学びも力も得られて、ありがたかった経験。

自分の「おかしいな」の判断に、とにかく大勢の人も、知らぬ間に同意してくださっていて
思想を止めるような力を創ってくれていたことが
もちろんたまたまだけれど、安心をくれた。

世界は叶うのが速い。
思いは集まるのが速くなってる。
同じ感覚を、より知られて、違う感覚はより、離れていく。
今夏は本当にすごい季節。
ありがとうね。

痛みや心配や不安を強調しなくていい世界に。
喜びや安心や肯定から、世界を創っていく。今後は必ずに。















[PR]
by arica_11 | 2017-08-03 02:22 | nekkonoarika | Comments(0)

Gallery & Art therapy room atelier yufu taratineにて、風景画と人物画で表現するアートセラピー活動も行っています* http://nemotyucac.exblog.jp


by arica_11
プロフィールを見る
画像一覧